初心の趣

カメラ初心者が石川県を中心に撮った写真をのんびりと綴っています。

たまには風景画を撮ろうと巌門に行ったら暑かった

f:id:seisyunsanka:20160815143243j:plain

お盆だったので田舎の墓掃除と墓参りに行ったついでに、石川県の羽咋郡志賀町にある景勝地、「巌門」(能登金剛)に寄った。

そろそろ風景画の練習もしないといけないと思ったからだったが、風景写真はやはり難しい。

そして、この日も暑かった…

35℃を超す猛暑日の昼過ぎに歩くと茹だるようで、すれ違う他の観光客たちからも「溶ける~」という声が聞こえた。

それは決して手に持っていたソフトクリームの話ではなかった。

 

f:id:seisyunsanka:20160815143807j:plain

とりあえず海に飛び込みたくなった

でもカメラが濡れるとアウトなので、実行には移さなかった。

 

f:id:seisyunsanka:20160815172521j:plain

順路の案内発見

「洞窟」という文字を見つけて、涼めそうだという理由でそちらへ向かうことにした。

 

f:id:seisyunsanka:20160815172745j:plain

途中で松本清張の歌碑があった

ここは松本清張の小説『ゼロの焦点』の舞台でもあるのだ。

f:id:seisyunsanka:20160815172852j:plain

見つけた以上は撮る

暑いと言いながらこういう寄り道をしてしまうのは自分の性分です。

 

f:id:seisyunsanka:20160815174240j:plain

「幸せのがんもん橋」というものもあった

ちょうどカップルもいたので収まるように慌てて撮った。

f:id:seisyunsanka:20160815174627j:plain

下から見るとこのような橋だ

どのような橋なのか確認し、カメラで撮るために、気がつけば崖を下へ下へと降りていた。

そしてこれを撮ったあとに、順路から外れたことに気付いた。

 

f:id:seisyunsanka:20160815215357j:plain

気がつけば岩礁の上だった

f:id:seisyunsanka:20160815215512j:plain

足元はもう海

岩礁岩礁の間に海水が流れ込んで水たまりのようになっている。

それらを跳び越えてどこまで行けるか試してしまった。(暑いのに)

滑って海に落ちたらカメラが壊れるスリルがあった。

これはちょっとしたマリオの気分だった。

(とはいえ、大した水たまりではない。他の観光客も何人もいた)

 

f:id:seisyunsanka:20160815215910j:plain

そのうち石段にたどり着く

ちゃんと帰れるようになっているのだ。

この手摺のある位置を見たとき、この高さまで潮が昇ってくるのだろうかと思った。

そして、見た目どおり急な階段だった。高さもあって、炎天下でコレを上るのはなかなか大変だった。

自分の後ろを子連れの観光客がいたのだが、その子供たちがしきりに喉の渇きを訴えていた。

f:id:seisyunsanka:20160815220756j:plain

f:id:seisyunsanka:20160815220847j:plain

石段の途中から見る景色は、悪くはなかった

先ほどの家族のお父さんも、「いいところだ」と爽やかにつぶやいていた。

でも子どもたちは、早く帰りたがっていた…

 

そこを上ると、橋があった辺りまで再び戻る。

f:id:seisyunsanka:20160815222738j:plain

地図や案内を再び確かめる

間違いえがないように進むと、先ほど見逃していた洞窟の案内も見つける。

f:id:seisyunsanka:20160815222934j:plain

岩礁へと降りていった階段の直ぐ側にあった

橋ばかり見ていると見逃してしまう位置にそれはある。

これで暑さから逃れようとするその目的がようやく達成される。

f:id:seisyunsanka:20160815223658j:plain

f:id:seisyunsanka:20160815223736j:plain

地面へと潜るように階段を下りていく

階段を下りながら、頭に浮かんだのはドラクエのダンジョンだった。

マリオの気分はとうに消えていた。

f:id:seisyunsanka:20160815224232j:plain

中はなかなか暗い

そして天井が低い。

おかげで妙な圧迫感があり、涼めるという感覚は乏しく、蒸し暑さが増したように思えた。

避暑を求めたはずが何かが違う。いや、大いに違う…

 

f:id:seisyunsanka:20160815230729j:plain

少し下るとすぐ開けたところへ

階段も長くはなかった。ここまで来るとホッと胸をなでおろせた。

f:id:seisyunsanka:20160815231047j:plain

「出口」の文字が溶けているようで少しホラーだった

気持ち、少しは涼めた、と思う。

 ちなみにこの「出口」が指し示す先は今しがた自分が下りてきた階段のことだ。

別のルートからこの洞窟にたどり着いた際の「出口」という案内だ。

 

f:id:seisyunsanka:20160815231827j:plain

 すぐ目の前には再び海だ

f:id:seisyunsanka:20160815232813j:plain

そして右手には「洞門」だ

もっといい写真を撮りたかったのだが、この辺りが一番観光客が多くて、どうしても人が入り込んでしまった。

人がいなくなる瞬間をずっと待っていると、そのうち暑さにやられてクラクラとしてきた。

 

f:id:seisyunsanka:20160815233634j:plain

人が写らないように撮ると、こんな画になった

f:id:seisyunsanka:20160815233833j:plain

気がつけば「門」以外を斜めに撮ってしまっていた…

おそるべし猛暑、おそるべし熱中症

 さすがにへばってきたため、ここいらで切り上げた。

帰り道は先程の洞窟とはまた別のルートを利用したが、急な階段で崖を登ることに変わりはなかった。

 

階段を上がるのが億劫だと思いながら、上がりきったところで展望台の案内を見つけると、ついふらふらと足がそちらの方に向いてしまう。

行ってみないと勿体ないと思うのは貧乏性というやつだろう。

福井の西山動物園に行った際の失敗も全く懲りていない。

f:id:seisyunsanka:20160816221737j:plain

結局、上ってしまう自分

f:id:seisyunsanka:20160816221848j:plain

ベンチを見つけたが座らなかった自分

一度腰を下ろすと、それこそもう立つのも面倒くさくなると思えて耐えた。

f:id:seisyunsanka:20160816222058j:plain

このような岩や島が見えるはずだが…

f:id:seisyunsanka:20160816222302j:plain

松の枝葉に遮られてました

つくづく自分には「風景写真」というものに縁がないのかと思えた。

f:id:seisyunsanka:20160816222445j:plain

展望台での収穫はこちらの枯木

鳥系の怪物の顔に見えた。

 

ちなみに… 

f:id:seisyunsanka:20160815222124j:plain

巌門には遊覧船もある

自分も乗ろうかと迷ったが、今回はやめにした。

洞窟まで行って一通り撮影して、最後に乗るつもりであったが、暑さと疲労に負けてそんな気力はなかった。

巌門は夕方がキレイであるという話も聞いたし、日によっては日本海ならではの荒波(この日は波が穏やかだった)も見れると知ったので、またこの地にやってくる事になるだろう、そのとき乗れば良い。

 

f:id:seisyunsanka:20160816222744j:plain

帰り際、バス停近くに神社を発見

f:id:seisyunsanka:20160816222932j:plain

能登金剛神社という

「巌門」と呼びつづけたが、この辺りの景勝地の正式な名前は「能登金剛」だ。

巌門はそこにある天然の洞門のことだ。

f:id:seisyunsanka:20160816223322j:plain

 神社ということで狛犬を探した

 でも、ここに狛犬はいなかった。

 

感想

 風景画はやはり難しい。なんとなく足を運んでどうにかなるようなシロモノではないことがよくよくわかった。

季節や日時もまた重要だろう。

(真夏の昼間に撮りに行くものじゃない)

たっぷり汗をかいて、暑さにもやられた今回の収穫と言ったら展望台の怪鳥の顔に見えたあの枯木だけだ。

今後もああいうのを撮れという神の思し召しだろうか?

そう思えてきた巌門撮影だった。

 

ただ、故障している自販機に小銭を投入しようとしていた自分に、気さくに話しかけてくれた売店のおばちゃんは優しかったですけどね。