読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心の趣

カメラ初心者が石川県を中心に撮った写真をのんびりと綴っています。

ランクルフェスで傾きながら走るクルマを撮る

クルマ 写真 金沢市

f:id:seisyunsanka:20160919225726j:plain

土曜日、ラスパ白山というショッピングセンターの特別駐車場にて「ランクルフェス」と呼ばれる、トヨタランドクルーザーのデモンストレーションが地元販売店「石川トヨタ自動車」によって行われていたので足を運んだ。

理由は単純で、クルマが好きだからだ。

ランクルことランドクルーザーは荒れ地走破用のいわゆるクロスカントリー(略して「クロカン」)の日本代表みたいなもので、ぬかるみや段差を車体を傾けながら走ってしまえるスグレモノだ。いわゆる乗用車でなかなかそんなことはできない。

その珍しさを、一度写真に収めてみたかったのだ。

 

ただ、その日は台風が列島に近づいていたこともあり、天気が悪かった。

f:id:seisyunsanka:20160922123043j:plain

いまにも降りそうな曇り空

カメラ本体は一応、防水だが、レンズが濡れると面倒なので、雨が降ってきたら切り上げる予定でいた。そのため撮影としては、雨が降るまでどこまで撮れるかが勝負だった。

 

ミッション1:展示された車を撮る

デモ走行の写真の前に展示されていたクルマをいくつか紹介する。

展示されていたのは計7台くらいだろうか。

f:id:seisyunsanka:20160919230508j:plain

新型のランクルとラリー仕様車が展示されていた

こういう車のイベントには大概クルマの展示がある。レース車やセールス用のクルマだけでも、好きなら見に来たくなる。

f:id:seisyunsanka:20160919230746j:plain

こちら最新のランクルの座席後ろ

普通にテレビがついていた。助手席だけではなく運転席の後ろにも同じように着いていた。900万円近くしているだけあって、内装は充実していた。

f:id:seisyunsanka:20160919230959j:plain

こちらは「TEAM JAOS」のラリーカー

アジアクロスカントリーラリー2015にてクラス2位、総合8位を獲得したクルマだ。

f:id:seisyunsanka:20160919231045j:plain

ボンネットピンが普通の車じゃない感を出している

カーボンボンネットなどでよく見られるボンネット用のピンです。吹っ飛んでいかないように強度を上げるため付けられたりします。

ボンネットには雨粒も見える。このときから少しずつパラパラと雨が降り始めていた。

f:id:seisyunsanka:20160919231938j:plain

RECARO(レカロ)のフルバケットシートもエグい

こちらもいかにもレースカーといった雰囲気を出している。

シートを倒せないので運転席では寝れませんな。

 

この他にも「14R60」「86のレーシングカー」「初代クラウン」の展示もされていた。

若者から年配の方まで楽しめるようなチョイスだと思う。

f:id:seisyunsanka:20160920224143j:plain

f:id:seisyunsanka:20160920225425j:plain

こちらが「14R60」

スバルの「BRZ」と兄弟車であるトヨタ「86」の、サーキットでの使用を前提としたモデルだ。100台限定で実際に発売されていて2014年10月には商談申込みが終了している。

価格は630万円だった。

日産から99年に出ていたR34のGT-Rの当時の新車価格がそれくらいだったから、なかなか高い「86」だ。「至高の86」なんて海原雄山みたいな呼ばれ方をされているのもわかる。

 

f:id:seisyunsanka:20160920225716j:plain

こちらは「Red Wing」の86レーシングカー

「Red Wing」とは「石川トヨタ」のレーシングチームのことだ。

2014年にはこの車で鈴鹿で行われていたレースにも挑戦していたようです。

f:id:seisyunsanka:20160920232321j:plain

顔アップ

顔の右半分、または左半分の方が自信あるっていう女性の方も世の中には多いと思う。この86は左半分の方が格好良く見えた…気がする。

f:id:seisyunsanka:20160920231330j:plain

ケツ

f:id:seisyunsanka:20160920231440j:plain

そしてドライビングポジション

もっと無駄なものを取っ払っているのかと思ったが、想像以上に市販車っぽかった。

f:id:seisyunsanka:20160920232437j:plain

メーター周りも

f:id:seisyunsanka:20160920232545j:plain

シフトレバーも

小奇麗だ。

ガチガチのレーシングカーよりもこれくらいのほうが自分には好みだ。

 

f:id:seisyunsanka:20160920233056j:plain

こちらは初代クラウン

色がなかなかビビットだ。

1955年くらいのクルマ、しかも高級車… 当時の車のほうが何かとハイカラだと思う。

f:id:seisyunsanka:20160920234827j:plain

f:id:seisyunsanka:20160920234910j:plain

斜めから、そしてリヤ

ケツの形がむかしのアメ車やヤンキーの改造車みたいにも見える…

やはりハイカラだ。

f:id:seisyunsanka:20160920233722j:plain

このボタンをプッシュしてドアが開く

当然、電子式ではなく機会式だ。

実際、押してみた。現代の車のノブと比べるとオモチャみたいな反応だった。

このレトロな感じがたまらない。

f:id:seisyunsanka:20160920233641j:plain

それにしてもキレイなクルマだ

f:id:seisyunsanka:20160920234401j:plain

インパネや

f:id:seisyunsanka:20160920234717j:plain

ペダルもこのとおり

 このクラウンはいわゆる「レストア」された一台だ。

レストアとは、老朽化などで劣化したり故障した車などを修復して復活させることだ。

説明書きによると石川トヨタの方々がかなり試行錯誤して直したそうだ。

「古い車=あちこち傷んだクルマ」というイメージがあってクラシックカーにあまり興味がなかったが、ここまでキレイに修復されたのを見ると、自分のレトロ趣味を刺激されてレース仕様車よりも欲しくなった。

 

 

ミッション2:傾いて走るランクルを撮る

だいぶ車好きの趣味の写真のようになってきたところで、いよいよ本題の傾くクルマの写真を並べることにする。

ミッション2としたが、実は最初に撮ったのがデモンストレーションの方だった。会場に到着したときにはすでにデモが始まっていて、トヨタの方がどういう仕組でホイールが回っているか、傾くクルマを前に説明しているところだった。

f:id:seisyunsanka:20160922003257j:plain

f:id:seisyunsanka:20160922003352j:plain

f:id:seisyunsanka:20160922005440j:plain

デファレンシャルやセンターデフについて説明するトヨタの方々

自分はセンターデフの存在を、テレビゲームの『グランツーリスモ』をやりながら知った口なので、説明を聞きながら四駆の車でレースする光景が一瞬頭に浮かんだ。

ランクルなどでは、例えば後輪の片方がぬかるみや溝にはまって、どれだけエンジンを吹かしてもタイヤが空回りするだけで抜け出せないとき、デフロックして前輪をより回すようにすることで抜け出させる、という仕組みだ。

デフは左右のホイール、センターデフだと前後のホイールの回転数に差をつける装置なのでそういうことができる。わかんない人にはなんのこっちゃとなる話だが、自分もむかしゲーム『グランツーリスモ』を始めた頃は、なんのこっちゃだった。

何にせよ、

f:id:seisyunsanka:20160922005646j:plain

モーグルで片輪がハマって空転しても

f:id:seisyunsanka:20160922005806j:plain

ほかのタイヤがより回って抜け出せるよ、ということです

 

f:id:seisyunsanka:20160922010028j:plain

ちょっとした坂(バンク)も片側のタイヤで…

f:id:seisyunsanka:20160922010341j:plain

登っていけます

この車、しばらくこの体勢で停まってました。

自分としては、この傾きを可能とするサスペンションの方にも興味が湧いた。

 

f:id:seisyunsanka:20160922010601j:plain

黄色いランクルも登場

こちらはお客さんを乗せてのデモンストレーション。

今回のフェスではプロドライバーが運転するランクルに同乗して荒地走破を体験することもできたのだ。

ここではその傾きっぷりを伝えるために、しばらく活動写真のフィルムのように画像を羅列する。

f:id:seisyunsanka:20160922011104j:plain

最初はフラットなところから発進

f:id:seisyunsanka:20160922011154j:plain

いきなり落とし穴にハマったように右前輪がガクッ

f:id:seisyunsanka:20160922011240j:plain

無理やり抜け出して…

f:id:seisyunsanka:20160922011349j:plain

片足抜いてももう片足がハマる田んぼの泥の中を歩くように今度は左がガクッ

f:id:seisyunsanka:20160922011437j:plain

そこを抜けると同じところで今度は左後輪がとらわれる

f:id:seisyunsanka:20160922011518j:plain

右前輪が完全に浮いてます

f:id:seisyunsanka:20160922011559j:plain

でもシレッと脱出

f:id:seisyunsanka:20160922011644j:plain

そんでもってこちらもバンクを片輪走行

f:id:seisyunsanka:20160922011734j:plain

これまたシレッと着地

f:id:seisyunsanka:20160922011849j:plain

調子に乗って右側も跨いでみせるランクル…助手席からするとケツが跳ね上がったはず

f:id:seisyunsanka:20160922011951j:plain

そして何ごともなかったようにまた着地

 

f:id:seisyunsanka:20160922012128j:plain

雲行きが怪しい…でも、こういうシチュエーションもクロカンなら似合う

f:id:seisyunsanka:20160922012316j:plain

またまた傾くランクル

f:id:seisyunsanka:20160922012522j:plain

何だか地面に沈んだように見えた

f:id:seisyunsanka:20160922012646j:plain

最後はクライムへ一直線

f:id:seisyunsanka:20160922012746j:plain

気のせいかレッサーパンダみたいな動物が頑張って高い所に登っているように見える

f:id:seisyunsanka:20160922012913j:plain

頂上でちょこんと居座るとなんかかわいい

f:id:seisyunsanka:20160922013005j:plain

でも次には下り始めるやんちゃなランクル

f:id:seisyunsanka:20160922013148j:plain

荷重が前方にもろ移動…乗っている人はフロントガラスに体が突っ込みそうな気分かも

f:id:seisyunsanka:20160922013252j:plain

と思ったら、バックで坂を上るおちゃめなランクル

f:id:seisyunsanka:20160922013346j:plain

再び下って

f:id:seisyunsanka:20160922013511j:plain

 この何ごともなかったかのような顔だ

 力強くて愉快な車だ、ランドクルーザー

 

f:id:seisyunsanka:20160922114150j:plain

そのあと、シルバーの方も負けじと登っていた

 急坂を登っている車って、やっぱりかわいく見える。

 

自分も同乗したかった

 傾く車を撮れただけでかなり満足だった。ただ、欲を言えば自分も同乗してプロドライバーの運転を体験、そしてその傾きっぷりを車の中から撮りたいとも思った。(もっと欲を言えば自分でハンドルを握って悪路走破もしてみたかった)

実際に受付に行ったものの、同乗体験するには昼休憩を挟んで2時間待ちの状態であったのだ。さすがに時間的に無理があった。おまけにいよいよポツポツと雨も降ってきたので今回は諦めることにした。(悪天候になると中止になる。実際2時間後には本降りになっていた)

帰路、86のレーシングカーやレストアされた初代クラウンを間近に見れた興奮が続いていて、またランクルに同乗できなかった口惜しさもあった自分は、途中で「浪漫遊」(服や本やゲームなどの総合リサイクルショップ)に立ち寄ると、その昂りに任せるように、またモヤモヤした気持ちを払うように、

f:id:seisyunsanka:20160922120038j:plain

漫画『頭文字D』を全巻、大人買いしていた

 学生時代に読んでいたこの漫画。以前より久しぶりに読みたいと思っていたので手を出してしまった。

ちなみに全巻丸ごとラッピングされているのでかなり重く、レジに持っていった際に女性店員が腕をプルプルさせながら袋に入れ、自分に手渡していたので、思わず笑ってしまった。

家に帰ってからその重さを量ってみると、

f:id:seisyunsanka:20160922120923j:plain

9.9kgあった

ほぼ10kgだ。

女性からすると、たしかに重かっただろう。