読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心の趣

カメラ初心者が石川県を中心に撮った写真をのんびりと綴っています。

氣比神宮へ~写真を撮るたび斜めっていたらちょっと斜め上な狛犬がいた

写真 福井県 神社 狛犬

福井県の端を目指し、滋賀県の琵琶湖まで行けたスロー運転の自分。そこから引き返して敦賀に立ち寄った話を、写真の傾きと共に前回記したが、敦賀には「氣比神宮」という神社もあったので立ち寄ってきた。

その目的の大半は相変わらず狛犬だ。

f:id:seisyunsanka:20160928224823j:plain

氣比神宮

いきなり右肩が上がっているように見える。

f:id:seisyunsanka:20160928225122j:plain

このとおり水平にはならない

やはりこの日は絶不調だった。

 

この氣比神宮だが、山中などではなく街の中にある。そのため大きな鳥居の目の前にはスクランブル交差点並みの大きな交差点があり、ちょっとしたビルや商店街が見える。

以前、金沢市の尾山神社がビジネス街の中に鎮座していると書いたが、こちら氣比神宮のほうが「街の中」度は高い。

その商店街や交差点を見守るように、

f:id:seisyunsanka:20160928230845j:plain

狛犬がお座りしている

f:id:seisyunsanka:20160928231614j:plain

背後から撮ると街の中度がよりわかりやすい

この狛犬、特に尻尾で見られる筋斗雲のようなクルッとカールした装飾が特徴的だ。

f:id:seisyunsanka:20160928234552j:plain

筋斗雲の尻尾ですな

f:id:seisyunsanka:20160928232934j:plain

 顔もこのとおり髪や髭がカールしている

格好良く言えば溢れ出る霊気や妖気のような演出。

庶民的に言えば、天然パーマだ。

f:id:seisyunsanka:20160928235733j:plain

足首もクルッとしている

ビックリマンの天使によく使われていたようなデザインだ。

f:id:seisyunsanka:20160928234928j:plain

ひやかしてしまったが街を眺める眼差しはしっかりとしている

こうして見ると街全体の魔除けになる力強さがありますな。

 

ただ…

f:id:seisyunsanka:20160929225607j:plain

足元が水浸しでした

傍で地面から水が湧き出ていて、芝生の上を伝ってここまで流れていた。

おかげで撮りづらいのなんの。

 

f:id:seisyunsanka:20160928231116j:plain

もちろん阿形の獅子いる 

こちらもデザイン的には吽形の狛犬とあまり変わらない。

ただ、鎮座している位置の都合から、背景に鳥居を入れながら撮りやすかった。

f:id:seisyunsanka:20160929222958j:plain

鳥居をバックに

この鳥居、「氣比の大鳥居」というそうで、旧国宝だ。現在は国の重要文化財とされている。

歴史は弘仁元年(810年)まで遡り、当時、東参道口に建てられたものの度重なる災害によって倒壊したため、正保二年(1645年)新たに再建され、時代時代の最新の保存修理を繰り返しながら今に残っているのだそうだ。

f:id:seisyunsanka:20160929225006j:plain

一本の街灯をバックに

この子も街中を睨んでいるが、昼過ぎでは太陽の位置の都合で街を背景に撮ってもあまりいい画にならなかった。単純に自分の腕の悪さかも知れないが…

f:id:seisyunsanka:20160929230517j:plain

彼らの腕や爪は美しい

シミのようなものもあるが、風雪に耐えた年季のようなものを伝えてくれてむしろ味があって好みだ。

 

大鳥居をくぐる

f:id:seisyunsanka:20160929232020j:plain

鳥居前の狛犬たちの勇壮な姿を撮り終えたところで大鳥居をくぐった。

日本三大の鳥居の一つと言われているそうで、下から見上げるとかなり高かった。

ここをくぐり、大きな社務所の前を通過して境内を歩くと、

f:id:seisyunsanka:20161002151658j:plain

 社務所の正面には「氣比乃長命水」というのがあった

氣比神宮はもともと「伊奢沙別命」(いざさわけのみこと)一柱を祀る神社であったが、後に仲哀天皇神功皇后日本武尊応神天皇に玉妃命、さらに武内宿禰命の神々が合祀され、御祭神が七柱になった。その際に神宮を修営したところ、その工事中に水が突然湧き出てきたそうで、特に武内宿禰命が長寿の神であったことから、御神徳がある水として、信仰されてきたそうです。

f:id:seisyunsanka:20161002153538j:plain

長寿だけに亀がモチーフ

手水として使えそうですな。

f:id:seisyunsanka:20161002155143j:plain

すぐ傍には手水舎もある

こちらの写真はやや傾いた…

f:id:seisyunsanka:20161002155245j:plain

寄りの画はまだマシに撮れた

 

さらに進むと芭蕉の像がある。

奥の細道』で知られる俳人松尾芭蕉のもこの敦賀に足を運んでいたそうで、この神社でも一句詠んでいる。

f:id:seisyunsanka:20161001235135j:plain

このとおり芭蕉の像もある

傾いていないと思ったら、土台を見るとやっぱり右肩上がり。

f:id:seisyunsanka:20161001235251j:plain

「月清し遊行のもてる砂の上」と彫られてある

奥の細道』の中の一句だ。「敦賀」という章で詠まれている。

ついでに傍の石碑も撮った。

f:id:seisyunsanka:20161001235812j:plain

「涙しくや遊行の持てる砂の露」の句碑だそうだが、自分には読めませんでした

f:id:seisyunsanka:20161002000107j:plain

何にせよ石碑はどれも傾かずに撮れた

でも調子に乗って像の前の松を撮ると、

f:id:seisyunsanka:20161002163728j:plain

やっぱり斜めった…

この松、「旗揚松」というらしい。

南北朝騒乱の時代に、氣比大明神の神旗が掲げられたそうだ。

まっすぐ格好良く撮ってやりたかった…

 

この松の後ろにさらに鳥居がある。

f:id:seisyunsanka:20160930235942j:plain

最初の大鳥居と比べると小さいが、それでも大きい

奥に見えるのが氣比神宮の外拝殿だ。その奥に本殿があるらしい。

自分は外拝殿で参拝し、中には入っていない。

f:id:seisyunsanka:20161001225209j:plain

外から撮った拝殿の中

俗世界から逃れられそうな静かさがあった。

そして、写真は相変わらず右肩上がりだった。

f:id:seisyunsanka:20161001230957j:plain

ついでに境内を広く撮っても斜めって写っていた

知らない人も写っちゃっているし…

f:id:seisyunsanka:20161001234452j:plain

縦に撮ってもこのとおり…斜め

f:id:seisyunsanka:20161001231140j:plain

縁結びのコレを撮っても斜める

コレ、一般的には「おみくじ結び所」というそうだ。

基本的におみくじは凶や大凶など悪いものが出た際に結ぶ。

大吉とか良いおみくじは持って帰るのが普通だ。

ちなみに自分は今年、尾山神社で引いたおみくじが大吉だったため、もう今年いっぱいは他の神社で引かないようにしている。それより良くないものを引くよりも、今年はずっと大吉でいたい。たぶん、最初に引いたおみくじが吉くらいだったらどこの神社でも引いていただろう。自分もまた俗人だ。

f:id:seisyunsanka:20161001232525j:plain

外から門を撮っても斜め

俗人は心が乱れているもんです。

 

さて、ここの神社、境内に氣比神宮以外の社がいくつかある。

いくつかというか、10以上ある。これはなかなか珍しい。

とくに外拝殿を正面にして左手に目を向けるズラッと並んでいるところがある。

f:id:seisyunsanka:20161001233035j:plain

この絵馬の隣の鳥居をくぐった先にまとめて10以上ある

 もう見えているが、一つ一つはお堂のように小さい。

f:id:seisyunsanka:20161001233335j:plain

f:id:seisyunsanka:20161001233420j:plain

このとおりズラ~っと並んでいる

それぞれに「〇〇神社」と名前がある。最初の9つを「九社の堂」というそうだ。

そしてそれぞれに賽銭を入れる場所もあった。

f:id:seisyunsanka:20161001233823j:plain

一番奥の二つの社も撮影

こんどこそ右肩上がりを直そうと気合を入れて撮ったら、右肩下がりに斜めってしまった。

いまの自分なんてこんなものです。

 

 境内の猿田彦神社とその狛犬

f:id:seisyunsanka:20161002160626j:plain

大鳥居へと戻ってくると、鳥居のすぐそばに別の鳥居がある。

この写真では右手に見える、石灯籠のさらに右の石造りのそれだ。

f:id:seisyunsanka:20160929232159j:plain

猿田彦神社の鳥居だ

祭神は猿田彦大神で氣比神を案内する神様なのだとか。

f:id:seisyunsanka:20160930224108j:plain

くぐって奥に進み、左に折れる

すると、

f:id:seisyunsanka:20160930224247j:plain

拝殿が現れる

しかもちゃんと狛犬がいる。

大鳥居の前にいた街を眺める狛犬たちと比べると、サイズのせいか漫画っぽいかわいさがある。

f:id:seisyunsanka:20160930225308j:plain

こちら吽形

装飾に迫力があるのに、顔と体のバランス、足の短さなどからデフォルメされたみたいに見えてくる。

まだ新しいのか、赤いスミ入れがくっきりと残っていた。

新しいからこそ、デザインがどこかマンガっぽいのかも知れない。

f:id:seisyunsanka:20160930231948j:plain

顔のアップ

キバは鋭い。

f:id:seisyunsanka:20160930232227j:plain

爪も鋭い

 でも、ちっとも怖くない。

 

f:id:seisyunsanka:20160930232355j:plain

阿形の獅子はまだ迫力がある

口が開いているからだろう。

手足は短いのに、顔にいかつさがある。

f:id:seisyunsanka:20160930232835j:plain

短くてもたくましい足と鋭い爪をしている

f:id:seisyunsanka:20160930232629j:plain

ただ、横顔だけを見るとそれほど恐くはない 

牙以外の歯と舌の形が人間っぽいのだ。

むしろ、急に愛嬌が出てくる。

f:id:seisyunsanka:20160930233218j:plain

ただ、たてがみを隠すように撮ると再び形相が厳しく見える

撮り方で表情が変わらるとは、なかなかモデル気質の獅子だ。

f:id:seisyunsanka:20160930234059j:plain

さらに角度をつけて撮ると丸い突起がいくつも見えるおかしな画になった

f:id:seisyunsanka:20160930234308j:plain

負けじと吽形も斜め撮り

顔が穏やかな分、こうして撮ってもマンガ、それも昔の漫画の絵みたいな趣が出てしまう。

 

また、この猿田彦神社の鳥居の写真でもすでに見えているが、この神社には他にもう一対、狛犬がいる。

それもなかなか個性的な狛犬たちだったのであわせて撮った。

f:id:seisyunsanka:20160929232900j:plain

こちらがそれ…

なんか、首が斜めっています。

その斜めっぷり、たぶん、自分の写真の腕のせいじゃない。

そのせいかこの阿形、何だかぶっきらぼうに見える。

いや、ぶっきらぼうを通り越して「ぬけさく先生」にも見えた。

f:id:seisyunsanka:20160929233316j:plain

頭はオカッパみたいだ

小松市の安宅住吉神社で見かけた、スフィンクスのような頭をしたいわゆる「加賀白山型」の狛犬と似た雰囲気がある。

f:id:seisyunsanka:20160929233657j:plain

顔を陰の方からアップで撮るとちょっとゴジラっぽい

カビなのか苔なのか、彼らの胴体の大半が緑色に変色しているのだ。

f:id:seisyunsanka:20160929233945j:plain

しかも、台座ではなく胴体に文字が刻まれている

外人のタトゥの類を思い出してしまった。

f:id:seisyunsanka:20160929234349j:plain

でも、爪は丸くてかわいらしい

ギャップありすぎです。

 

f:id:seisyunsanka:20160929232800j:plain

吽形の狛犬も同じ色、同じスタイル

こうして見ると台座も低い。

f:id:seisyunsanka:20160929234825j:plain

メスだからだろうか、アップで見るとこちらは愛嬌がある

たぶん、日なた、日陰の違いもあると思う。

鼻の穴が丸っとして大きいのがまたかわいい。

f:id:seisyunsanka:20160929235117j:plain

別の角度から見ると鼻の頭に紅葉を乗せいていた

なかなかオチャメなところもある。

f:id:seisyunsanka:20160929235438j:plain

でも、同じく体に文字

体に経文が書かれた「耳なし芳一」も思い出してしまった。

背中にも彫られているのを見ると、ヤンキーの特攻服にも見えてくる。

 いろいろと珍しいタイプの、ちょっと斜め上な狛犬だ。

これも因果というやつかもしれない。

 

猿田彦神社狛犬は想像以上に個性的だった。

余談だが、氣比大神を案内する猿田彦大神は交通安全の御神徳が高いそうだ。

ここを参拝したことでますます安全運転ドライバーになれそうだ。

 

最後に御朱印ゲットの報告

家に帰って後から調べて知ったことだが、この氣比神宮の境内にはほかにもあと3つほど社(摂末社)があるらしい。

境内の林のようなところを抜けた先にあるので、この時には気づかなかった。

狛犬がいる可能性もあるため、また敦賀に訪れた際にはチェックしておきたいものだ。

最後に報告だが、氣比神宮の御朱印も手に入れた。

f:id:seisyunsanka:20161002161526j:plain

こちらがそれ…

…御朱印帳を押さえずに撮ったというのもあるけど、写真がまた斜めった。

この日は、そういう日だったのだろう…